本文へ移動

高等学校 教育内容

教育課程

高校1年

たくさんの出会いを経験し、将来の夢を見つけよう
 この時期に大切なことはたくさんの人に出会い、さまざまな体験をすること。日々の授業だけではなく、部活動や学校行事などを通じ自己の可能性を発見、夢の実現に向かって努力するのです。
 予習・復習を欠かさず、授業をしっかり聞き、提出物を忘れない。そうした地道な繰り返しによって基礎学力が身に付きます。

高校2年

学力と社会性のレベルアップを目指そう
 基礎学力をもとに、学力のレベルアップを目指す時期。同時に、自らの将来について考える時期でもあります。大学の数は国公立大学だけでも150以上に達し、社会にはさらに多くの様々な職業があります。それらの中から自分の進路を決定するのです。多くのことにチャレンジして身に付いた社会性がその後の豊かな人生を導くのです。

高校3年

3年間の総決算として、同志とともに入試に挑もう
 大学入試本番に臨む際、鍛えられ、チャレンジした経験から生まれる「自信」が何より大切です。それは「やるべきことは全てやった」という実践からしか得られません。香川誠陵は週6日制を実施しているので十分な授業時間を確保し、最後の1年を入試に向けた演習につかうことができます。入試は大きなプレッシャーになりますが、3年間共に過ごした仲間と支え合います。級友は互いを高め合う同志です。同志とともに最後まで闘うのです。

オンライン英会話《四国初導入》

授業で毎週1時間、インターネット回線を通じて、海外の現地講師とマンツーマン(1対1)で英会話をします。
 集団で行う英会話の授業とは異なり、1対1だから、生徒全員が英語を話し続けます。オンライン英会話なら生徒一人ひとりが主役です。

教育課程(令和4年度入学生)

高校からの入学生は、香川誠陵中学校からの入学生とは別クラスでスタート

 三年制(高校入試で入学)と六年制(併設の中学校より進学)それぞれの生徒は、高校1・2年次は異なるカリキュラムで授業を行います。三年制と六年制の生徒が混交してクラス編成が行われるのは3年次からです。

学校日課表

月~金曜日

SHR
8:45~8:55
1時限
8:55~9:45
2時限
9:55~10:45
3時限
10:55~11:45
4時限
11:55~12:45
昼 食
12:45~13:30
5時限
13:30~14:20
6時限
14:30~15:20
7時限
15:30~16:20
終礼・清掃
(16:20~16:40)

土曜日

SHR
8:45~8:55
1時限
8:55~9:40
2時限
9:50~10:35
3時限
10:45~11:30
4時限
11:40~12:25
終礼・清掃
12:25~12:45
※土曜日は毎週45分×4限授業
TOPへ戻る